2019

説明会参加者、
プログラム参加者募集中!

Aichi Open innovation Accelerator Aichi Open innovation Accelerator

説明会|名古屋:8/5() 
東京:8/26()

ABOUT Aichi Open innovation Acceleratorとは? ABOUT Aichi Open innovation Acceleratorとは?

愛知県の製造品出荷額は、昭和 52 年以来41 年連続全国1位である一方、CASEやMaaSの進展、データ活用を付加価値の源泉とするSociety5.0の到来といった構造的変化が、本県の産業の姿と競争力を大きく変えることが想定されています。
このような状況において、県内企業がこれまで培ってきたモノづくり文化や伝統、技術・技能を活かしつつ、新しいアイデア・視点を持つイノベーターの活力を推進剤とし、イノベーションを次々と起こし、産業の新陳代謝を活発化する必要があります。
そこで、新しい価値を創造する主体としてIoTやAI 等の技術を有するスタートアップを愛知県内外から誘引し、個別の短期集中支援や資金獲得・事業提携等につなげるための場を提供します。新たなビジネスモデルの創出や技術革新の成功のロールモデルを生み出し、「愛知発スタートアップ」の土壌を醸成します。

ACCELERATOR PROGRAM アクセラレータープログラムのご案内 ACCELERATOR PROGRAM アクセラレータープログラムのご案内

愛知県内外のIoTやAIといった革新的な技術を有するスタートアップを対象に、審査を経て5~10社程度に絞り込み。著名起業家等のメンターによる短期集中支援のほか、他のスタートアップ企業や既存産業・金融機関・支援機関等とのネットワーキング、モノづくり企業等とのマッチング、資金獲得の機会と場が提供されます(約5か月間)。

支援内容

  • 01
    連続起業家や専門家による充実したメンタリング

    連続起業家やスタートアップ立ち上げ経験者、各領域の専門家がメンターとなり、毎月定期および随時のメンタリングを実施します。事業推進の支援に始まり、事業提携先のマッチングから協業推進の支援、資金調達のアドバイスなどを行います。

  • 02
    スタートアップがビジネスを加速するために必要な知識・理論・実践を学ぶセミナープログラム

    経営戦略、マーケティング、ファイナンスとプレゼンテーションなど、事業開発に必要なスキル、ノウハウを起業家や専門家といった豪華な講師陣が提供。メンタリングによるアドバイスを補完し、スタートアップの事業加速を支援します。

  • 03
    事業成長を後押ししてくれる仲間や支援者とのネットワーキング支援

    定期的なミートアップを通して、共に事業成長を目指すスタートアップとの横のつながりを広げます。さらに事業成長を後押ししてくれるメンターや各種専門家、VC・投資家、支援者とのネットワークづくりも支援します。

  • 04
    行政との連携による実証実験や、補助金など競争的資金の獲得に向けた支援

    愛知県が中心となり、他の行政機関とも連携し、スタートアップの実証実験の実施や補助金など競争的資金獲得に向けた支援を実施します。

スケジュール

項目 日程 時間 場所
- スタートアップの応募受付 7/26〜
10/11
- - -
- オープンイノベーションパートナーの応募受付 7/26〜
11/1
- - -
- 参加スタートアップの審査 (1)書類審査 10/15〜
10/18
- - -
- 参加スタートアップの審査 (2)面談審査 10/21〜
10/31
- - -
- 参加スタートアップの公開 11月上旬 - - -
- 参加スタートアップ向けキックオフイベント 11月上旬 - なごのキャンパス (予定) -
- ミートアップ 11月11日 16:00~
19:00
なごのキャンパス -
- 対面メンタリング
※オンラインでのメンタリングも適宜実施
11月中旬〜
2月中旬
- なごのキャンパス (予定) -
- セミナープログラム 11月中旬〜
2月中旬
14:00〜
17:00
なごのキャンパス (予定) -
- 交流会 11月中旬〜
2月中旬
- なごのキャンパス (予定) -
- 個別マッチング 11月中旬〜
2月中旬
- なごのキャンパス (予定) -
- 最終デモデイ (名古屋) 2月下旬 - なごのキャンパス (予定) -
- 最終デモデイ (東京) 3月上旬 - Inspired.Lab -

※日程については、なごのキャンパスとの日程調整ができ次第、ウェブサイトの記載を更新します。

※日程については、なごのキャンパスとの日程調整ができ次第、ウェブサイトの記載を更新します。

GUIDELINES スタートアップ、オープンイノベーションパートナー募集! GUIDELINES スタートアップ、オープンイノベーションパートナー募集!

スタートアップの方

受講にあたって

本プログラムでは、起業家や投資家、弁護士らがビジネスのブラッシュアップに向けた個別指導を実施する「メンタリング」、スタートアップがビジネスを加速するために必要な知識・理論・実践を学ぶ「セミナープログラム」、ネットワーキングおよび資金獲得やマッチングの機会と場の提供を行います。事業開発を加速させるためにぜひ本プログラムを最大限活用して頂きたいと考えています。

4つの受講メリット

1.豪華なメンター陣

連続起業家や投資家、弁護士らがビジネスのブラッシュアップに向けた個別メンタリングを実施します。

  • 鎌田 富久 氏

    東京大学大学院理学系研究科情報科学博士課程修了。理学博士。東大在学中にソフトウェアのベンチャー企業ACCESS社を設立。世界初の携帯電話向けウェブブラウザを開発するなどモバイルインターネットの技術革新を牽引。2001年に東証マザーズに上場し、グローバルに事業を展開。2011年に退任。その後、スタートアップを支援するTomyKを設立し、ロボット、AI、人間拡張、宇宙、ゲノム、医療などのテクノロジー・スタートアップを多数立ち上げ中。著書「テクノロジー・スタートアップが未来を創る-テック起業家をめざせ」(東京大学出版会)にて、起業マインドを説く。

    moreclose

  • 九法 崇雄 氏

    1979年、鹿児島県生まれ。一橋大学商学部卒業後、「プレジデント」副編集長、「Forbes JAPAN」編集次長兼ウェブ編集長などを歴任し、世界の起業家やクリエイターを取材する。19年3月よりAnyProjectsに参画。Founding Partnerとして元Ideo Tokyoデザインディレクターの石川俊祐らとともに、企業のビジネスインキュベーション、ブランディングなどを手掛ける。現在、ビジネス誌「WORKMILL」エディトリアルディレクター、「東京都・青山スタートアップアクセラレーションセンター」「スタートアップアクセラレーションつくば」メンターなども務める。

    moreclose

  • 野本 遼平 氏

    弁護士として多数のITスタートアップのビジネススキーム策定・提携交渉・資金調達等の支援に携わり、その後、2015年にKDDIグループのSupershipホールディングスにジョインし、経営戦略室長や子会社役員を歴任。BizDev、戦略提携、M&A、政策企画について、戦略立案から実行・PMIまでを統括。2019年にグロービスキャピタルパートナーズにジョインし、弁護士×IT企業戦略部門というバックグラウンドを武器に、スタートアップのBizDev/戦略提携、政策企画等を支援する。

    moreclose

  • 原田 憲一 氏

    • 社名株式会社ケイエスピー
    • URLhttp://www.ksp.co.jp
    • 役職インキュベーション・インベストメントマネージャー

    渉外法律事務所勤務を経て、慶應義塾大学で産学連携・インキュベーション事業に従事。退職後、リサーチスクエア(株)設立、代表取締役に就任。同時に電気自動車の研究開発を行う慶應義塾大学発ベンチャー(株)SIM-Drive 執行役員 経営管理統括部長、東京アールアンドデーとの合弁会社(株)stEVe 取締役副社長を歴任し、2014 年(株)ケイエスピー入社。ビジネスプランコンテスト審査員、アクセラレーターにおけるメンタリング実績多数。

    moreclose

  • 田所 雅之 氏

    これまで日本と米国シリコンバレーで合計5社を起業してきたシリアルアントレプレナー。米国シリコンバレーのベンチャーキャピタル のベンチャーパートナーを務めた。現在は、国内外のスタートアップ数社の戦略アドバイザーやボードメンバーを務める。また日本最大級のウェブマーケティング会社 BasicのChief Strategic Officerを務める。世界で累計7万シェアされたスライド "Startup Science"の作成者であり、2017年11月の発売から経営戦略部門で83週連続ベストセラー1位になった書籍 “起業の科学 スタートアップサイエンス“の著者。

    moreclose

  • 中川 卓也 氏

    • 社名株式会社プルータス・コンサルティング
    • URLhttps://www.plutuscon.jp
    • 役職エグゼティブ・ダイレクター

    1983年京都大学卒。
    事業会社を経て、主に外資系投資銀行に勤務。
    キダー・ピーボディ証券(GEキャピタル)外国株式部
    バークレイズ証券 キャピタルマーケット部 ダイレクター
    HSBC証券 資本市場部門 マネージングダイレクター
    みずほ証券 事業開発総括部長
    ネスレ日本株式会社 人材開発部長、
    等を歴任。
    その間、事業戦略・M&A、コーポレートフィナンス、資金調達、複合金融商品、流動化証券化商品、PE・ヘッジファンドのファンドレイズ、IR・コーポレートガバナンス、組織・人材開発プログラム策定、等に従事。
    現在は、資本政策や有価証券設計を通じて、顧客の企業価値向上に携わる。

    moreclose

  • 高野 秀敏 氏

    1999年に株式会社インテリジェンスへ入社。2005年に株式会社キープレイヤーズを設立。3,000名以上の経営者の相談と、10,000名以上の個人のキャリアカウンセリングを行う。また、30社以上の社外役員・アドバイザー・エンジェル投資を国内・シリコンバレー・バングラデシュで実行。キャリアや起業、スタートアップ関連の講演回数100回以上。社外取締役、顧問、株主、クラウドワークス、メドレー、識学などその他55社。

    moreclose

  • 髙橋 惠一郎 氏

    2003年に早稲田大学を卒業後、日立製作所に入社。その後、金融機関や教育系ベンチャーを経て、2014年にプレゼンのデザインを手掛けるスタートアップに参画。同業界においては異例の「人材育成事業」を立ち上げ、戦略立案および推進を行う。
    2016年、プレゼンテーション・プロデューサーとして独立し、プレゼンの内容の設計や資料のデザイン、伝え方まで、トータルなコンサルティングを手掛ける。新社会人から経営者クラスまで、幅広い層を対象とした指導実績がある。

    moreclose

  • 川島 諒一 氏

    上智大学卒業後、都市銀行に入社し、スタートアップ企業に対するファイナンス支援、投融資業務に従事。その後スタートアップ企業の共同創業に参画した後、大手M&Aファーム、外資戦略コンサルティングファームにてM&Aアドバイザリー業務、新規事業創出支援業務に従事後、スタートアップ企業のハンズオン支援やイノベーションプロジェクトに従事。2019年より株式会社タイミーCOO兼CFOに着任。

    moreclose

  • 木村 忠昭 氏

    大学院卒業後、大手監査法人に入社し、株式公開支援業務に従事。2008年にイノベーション共創を手掛ける株式会社アドライトを創業。合わせて国内スタートアップ企業へ社外役員就任によるハンズオン支援を行い、うち5社が上場を果たす。アジアやアメリカの海外スタートアップ企業の支援にも積極的で、これまでに20社以上の投資育成を行いうち3社が買収される。これら国内外スタートアップの知見やネットワークを活かし、大手企業のオープンイノベーションにおける一気通貫での事業化支援を得意とする。

    moreclose

  • 鎌田 富久 氏

    東京大学大学院理学系研究科情報科学博士課程修了。理学博士。東大在学中にソフトウェアのベンチャー企業ACCESS社を設立。世界初の携帯電話向けウェブブラウザを開発するなどモバイルインターネットの技術革新を牽引。2001年に東証マザーズに上場し、グローバルに事業を展開。2011年に退任。その後、スタートアップを支援するTomyKを設立し、ロボット、AI、人間拡張、宇宙、ゲノム、医療などのテクノロジー・スタートアップを多数立ち上げ中。著書「テクノロジー・スタートアップが未来を創る-テック起業家をめざせ」(東京大学出版会)にて、起業マインドを説く。

    moreclose

  • 九法 崇雄 氏

    1979年、鹿児島県生まれ。一橋大学商学部卒業後、「プレジデント」副編集長、「Forbes JAPAN」編集次長兼ウェブ編集長などを歴任し、世界の起業家やクリエイターを取材する。19年3月よりAnyProjectsに参画。Founding Partnerとして元Ideo Tokyoデザインディレクターの石川俊祐らとともに、企業のビジネスインキュベーション、ブランディングなどを手掛ける。現在、ビジネス誌「WORKMILL」エディトリアルディレクター、「東京都・青山スタートアップアクセラレーションセンター」「スタートアップアクセラレーションつくば」メンターなども務める。

    moreclose

  • 野本 遼平 氏

    弁護士として多数のITスタートアップのビジネススキーム策定・提携交渉・資金調達等の支援に携わり、その後、2015年にKDDIグループのSupershipホールディングスにジョインし、経営戦略室長や子会社役員を歴任。BizDev、戦略提携、M&A、政策企画について、戦略立案から実行・PMIまでを統括。2019年にグロービスキャピタルパートナーズにジョインし、弁護士×IT企業戦略部門というバックグラウンドを武器に、スタートアップのBizDev/戦略提携、政策企画等を支援する。

    moreclose

  • 原田 憲一 氏

    • 社名株式会社ケイエスピー
    • URLhttp://www.ksp.co.jp
    • 役職インキュベーション・インベストメントマネージャー

    渉外法律事務所勤務を経て、慶應義塾大学で産学連携・インキュベーション事業に従事。退職後、リサーチスクエア(株)設立、代表取締役に就任。同時に電気自動車の研究開発を行う慶應義塾大学発ベンチャー(株)SIM-Drive 執行役員 経営管理統括部長、東京アールアンドデーとの合弁会社(株)stEVe 取締役副社長を歴任し、2014 年(株)ケイエスピー入社。ビジネスプランコンテスト審査員、アクセラレーターにおけるメンタリング実績多数。

    moreclose

  • 田所 雅之 氏

    これまで日本と米国シリコンバレーで合計5社を起業してきたシリアルアントレプレナー。米国シリコンバレーのベンチャーキャピタル のベンチャーパートナーを務めた。現在は、国内外のスタートアップ数社の戦略アドバイザーやボードメンバーを務める。また日本最大級のウェブマーケティング会社 BasicのChief Strategic Officerを務める。世界で累計7万シェアされたスライド "Startup Science"の作成者であり、2017年11月の発売から経営戦略部門で83週連続ベストセラー1位になった書籍 “起業の科学 スタートアップサイエンス“の著者。

    moreclose

  • 中川 卓也 氏

    • 社名株式会社プルータス・コンサルティング
    • URLhttps://www.plutuscon.jp
    • 役職エグゼティブ・ダイレクター

    1983年京都大学卒。
    事業会社を経て、主に外資系投資銀行に勤務。
    キダー・ピーボディ証券(GEキャピタル)外国株式部
    バークレイズ証券 キャピタルマーケット部 ダイレクター
    HSBC証券 資本市場部門 マネージングダイレクター
    みずほ証券 事業開発総括部長
    ネスレ日本株式会社 人材開発部長、
    等を歴任。
    その間、事業戦略・M&A、コーポレートフィナンス、資金調達、複合金融商品、流動化証券化商品、PE・ヘッジファンドのファンドレイズ、IR・コーポレートガバナンス、組織・人材開発プログラム策定、等に従事。
    現在は、資本政策や有価証券設計を通じて、顧客の企業価値向上に携わる。

    moreclose

  • 高野 秀敏 氏

    1999年に株式会社インテリジェンスへ入社。2005年に株式会社キープレイヤーズを設立。3,000名以上の経営者の相談と、10,000名以上の個人のキャリアカウンセリングを行う。また、30社以上の社外役員・アドバイザー・エンジェル投資を国内・シリコンバレー・バングラデシュで実行。キャリアや起業、スタートアップ関連の講演回数100回以上。社外取締役、顧問、株主、クラウドワークス、メドレー、識学などその他55社。

    moreclose

  • 髙橋 惠一郎 氏

    2003年に早稲田大学を卒業後、日立製作所に入社。その後、金融機関や教育系ベンチャーを経て、2014年にプレゼンのデザインを手掛けるスタートアップに参画。同業界においては異例の「人材育成事業」を立ち上げ、戦略立案および推進を行う。
    2016年、プレゼンテーション・プロデューサーとして独立し、プレゼンの内容の設計や資料のデザイン、伝え方まで、トータルなコンサルティングを手掛ける。新社会人から経営者クラスまで、幅広い層を対象とした指導実績がある。

    moreclose

  • 川島 諒一 氏

    上智大学卒業後、都市銀行に入社し、スタートアップ企業に対するファイナンス支援、投融資業務に従事。その後スタートアップ企業の共同創業に参画した後、大手M&Aファーム、外資戦略コンサルティングファームにてM&Aアドバイザリー業務、新規事業創出支援業務に従事後、スタートアップ企業のハンズオン支援やイノベーションプロジェクトに従事。2019年より株式会社タイミーCOO兼CFOに着任。

    moreclose

  • 木村 忠昭 氏

    大学院卒業後、大手監査法人に入社し、株式公開支援業務に従事。2008年にイノベーション共創を手掛ける株式会社アドライトを創業。合わせて国内スタートアップ企業へ社外役員就任によるハンズオン支援を行い、うち5社が上場を果たす。アジアやアメリカの海外スタートアップ企業の支援にも積極的で、これまでに20社以上の投資育成を行いうち3社が買収される。これら国内外スタートアップの知見やネットワークを活かし、大手企業のオープンイノベーションにおける一気通貫での事業化支援を得意とする。

    moreclose

2.充実のセミナープログラム

事業開発に必要なスキル、ノウハウを身につけるための全5回のセミナー、ワークショップを実施します。

受講内容、 スケジュール
  • DAY1

    11月中旬〜11月下旬

    経営戦略

    事業をゼロから立ち上げ成長させるベンチャー企業が押さえるべき経営戦略の原則を理解した上で、自らの事業あるいは事業案について望ましい経営戦略を立てられるようになることを目指す。

  • DAY2

    12月上旬

    マーケティング

    事業をゼロから立ち上げ成長させるベンチャー企業が抑えるべきマーケティング戦略の原則を理解した上で、自らの事業あるいは事業案について望ましいマーケティングプランやメディア戦略を立てられるようになることを目指す。

  • DAY3

    12月中旬〜12月下旬

    採用戦略

    スタートアップが特に創業期において重要な採用戦略について、必要な人材を獲得できる能力を身に着けるとともに、スタートアップのステージ毎に必要な人材要件を理解することを目指す。

  • DAY4

    1月上旬

    ファイナンス

    企業経営におけるファイナンスの目的、役割を理解した上で、創業期のベンチャー企業が理解しておくべき企業価値評価方法および資金調達方法を学び、自身の会社において資金調達計画を立てられるようにすることを目指す。

  • DAY5

    2月上旬

    プレゼンテーション

    プレゼンの目的、聞き手の分析、ロジカルシンキング、ストーリーラインを学ぶことで、人や組織を動かすプレゼンテーションの構造を理解し、組み立てられるようになることを目指す。

研修プログラム講師
  • 川島 諒一 氏

    上智大学卒業後、都市銀行に入社し、スタートアップ企業に対するファイナンス支援、投融資業務に従事。その後スタートアップ企業の共同創業に参画した後、大手M&Aファーム、外資戦略コンサルティングファームにてM&Aアドバイザリー業務、新規事業創出支援業務に従事後、スタートアップ企業のハンズオン支援やイノベーションプロジェクトに従事。2019年より株式会社タイミーCOO兼CFOに着任。

    moreclose

  • 九法 崇雄 氏

    1979年、鹿児島県生まれ。一橋大学商学部卒業後、「プレジデント」副編集長、「Forbes JAPAN」編集次長兼ウェブ編集長などを歴任し、世界の起業家やクリエイターを取材する。19年3月よりAnyProjectsに参画。Founding Partnerとして元Ideo Tokyoデザインディレクターの石川俊祐らとともに、企業のビジネスインキュベーション、ブランディングなどを手掛ける。現在、ビジネス誌「WORKMILL」エディトリアルディレクター、「東京都・青山スタートアップアクセラレーションセンター」「スタートアップアクセラレーションつくば」メンターなども務める。

    moreclose

  • 高野 秀敏 氏

    1999年に株式会社インテリジェンスへ入社。2005年に株式会社キープレイヤーズを設立。3,000名以上の経営者の相談と、10,000名以上の個人のキャリアカウンセリングを行う。また、30社以上の社外役員・アドバイザー・エンジェル投資を国内・シリコンバレー・バングラデシュで実行。キャリアや起業、スタートアップ関連の講演回数100回以上。社外取締役、顧問、株主、クラウドワークス、メドレー、識学などその他55社。

    moreclose

  • 中川 卓也 氏

    • DAY4
    • 社名株式会社プルータス・コンサルティング
    • URLhttps://www.plutuscon.jp
    • 役職エグゼティブ・ダイレクター

    1983年京都大学卒。
    事業会社を経て、主に外資系投資銀行に勤務。
    キダー・ピーボディ証券(GEキャピタル)外国株式部
    バークレイズ証券 キャピタルマーケット部 ダイレクター
    HSBC証券 資本市場部門 マネージングダイレクター
    みずほ証券 事業開発総括部長
    ネスレ日本株式会社 人材開発部長、
    等を歴任。
    その間、事業戦略・M&A、コーポレートフィナンス、資金調達、複合金融商品、流動化証券化商品、PE・ヘッジファンドのファンドレイズ、IR・コーポレートガバナンス、組織・人材開発プログラム策定、等に従事。
    現在は、資本政策や有価証券設計を通じて、顧客の企業価値向上に携わる。

    moreclose

  • 髙橋 惠一郎 氏

    2003年に早稲田大学を卒業後、日立製作所に入社。その後、金融機関や教育系ベンチャーを経て、2014年にプレゼンのデザインを手掛けるスタートアップに参画。同業界においては異例の「人材育成事業」を立ち上げ、戦略立案および推進を行う。
    2016年、プレゼンテーション・プロデューサーとして独立し、プレゼンの内容の設計や資料のデザイン、伝え方まで、トータルなコンサルティングを手掛ける。新社会人から経営者クラスまで、幅広い層を対象とした指導実績がある。

    moreclose

  • 木村 忠昭 氏

    大学院卒業後、大手監査法人に入社し、株式公開支援業務に従事。2008年にイノベーション共創を手掛ける株式会社アドライトを創業。合わせて国内スタートアップ企業へ社外役員就任によるハンズオン支援を行い、うち5社が上場を果たす。アジアやアメリカの海外スタートアップ企業の支援にも積極的で、これまでに20社以上の投資育成を行いうち3社が買収される。これら国内外スタートアップの知見やネットワークを活かし、大手企業のオープンイノベーションにおける一気通貫での事業化支援を得意とする。

    moreclose

  • 川島 諒一 氏

    上智大学卒業後、都市銀行に入社し、スタートアップ企業に対するファイナンス支援、投融資業務に従事。その後スタートアップ企業の共同創業に参画した後、大手M&Aファーム、外資戦略コンサルティングファームにてM&Aアドバイザリー業務、新規事業創出支援業務に従事後、スタートアップ企業のハンズオン支援やイノベーションプロジェクトに従事。2019年より株式会社タイミーCOO兼CFOに着任。

    moreclose

  • 九法 崇雄 氏

    1979年、鹿児島県生まれ。一橋大学商学部卒業後、「プレジデント」副編集長、「Forbes JAPAN」編集次長兼ウェブ編集長などを歴任し、世界の起業家やクリエイターを取材する。19年3月よりAnyProjectsに参画。Founding Partnerとして元Ideo Tokyoデザインディレクターの石川俊祐らとともに、企業のビジネスインキュベーション、ブランディングなどを手掛ける。現在、ビジネス誌「WORKMILL」エディトリアルディレクター、「東京都・青山スタートアップアクセラレーションセンター」「スタートアップアクセラレーションつくば」メンターなども務める。

    moreclose

  • 高野 秀敏 氏

    1999年に株式会社インテリジェンスへ入社。2005年に株式会社キープレイヤーズを設立。3,000名以上の経営者の相談と、10,000名以上の個人のキャリアカウンセリングを行う。また、30社以上の社外役員・アドバイザー・エンジェル投資を国内・シリコンバレー・バングラデシュで実行。キャリアや起業、スタートアップ関連の講演回数100回以上。社外取締役、顧問、株主、クラウドワークス、メドレー、識学などその他55社。

    moreclose

  • 中川 卓也 氏

    • DAY4
    • 社名株式会社プルータス・コンサルティング
    • URLhttps://www.plutuscon.jp
    • 役職エグゼティブ・ダイレクター

    1983年京都大学卒。
    事業会社を経て、主に外資系投資銀行に勤務。
    キダー・ピーボディ証券(GEキャピタル)外国株式部
    バークレイズ証券 キャピタルマーケット部 ダイレクター
    HSBC証券 資本市場部門 マネージングダイレクター
    みずほ証券 事業開発総括部長
    ネスレ日本株式会社 人材開発部長、
    等を歴任。
    その間、事業戦略・M&A、コーポレートフィナンス、資金調達、複合金融商品、流動化証券化商品、PE・ヘッジファンドのファンドレイズ、IR・コーポレートガバナンス、組織・人材開発プログラム策定、等に従事。
    現在は、資本政策や有価証券設計を通じて、顧客の企業価値向上に携わる。

    moreclose

  • 髙橋 惠一郎 氏

    2003年に早稲田大学を卒業後、日立製作所に入社。その後、金融機関や教育系ベンチャーを経て、2014年にプレゼンのデザインを手掛けるスタートアップに参画。同業界においては異例の「人材育成事業」を立ち上げ、戦略立案および推進を行う。
    2016年、プレゼンテーション・プロデューサーとして独立し、プレゼンの内容の設計や資料のデザイン、伝え方まで、トータルなコンサルティングを手掛ける。新社会人から経営者クラスまで、幅広い層を対象とした指導実績がある。

    moreclose

  • 木村 忠昭 氏

    大学院卒業後、大手監査法人に入社し、株式公開支援業務に従事。2008年にイノベーション共創を手掛ける株式会社アドライトを創業。合わせて国内スタートアップ企業へ社外役員就任によるハンズオン支援を行い、うち5社が上場を果たす。アジアやアメリカの海外スタートアップ企業の支援にも積極的で、これまでに20社以上の投資育成を行いうち3社が買収される。これら国内外スタートアップの知見やネットワークを活かし、大手企業のオープンイノベーションにおける一気通貫での事業化支援を得意とする。

    moreclose

3.資金獲得やマッチングにつながる豊富な機会と場の提供

スタートアップとビジネスパートナーとなり得る企業や支援機関等の顔合わせの場として、愛知県内にてミートアップを11 月頃に開催予定です。また、投資家・ベンチャーキャピタル、企業等が参加し、スタートアップ企業が、アクセラレータープログラムの成果も踏まえたビジネスプラン等を発表し、資金獲得・事業提携等につなげる場として、デモデイを2020 年 2~3 月頃に愛知県内及び東京都内にて開催予定です。

4.実証実験の実施や補助金などの資金獲得の支援の実施

愛知県が中心となり、他の行政機関とも連携し、スタートアップの実証実験の実施や補助金など競争的資金獲得に向けた支援を実施します。

募集要項

本アクセラレータープログラムでは、まだ世の中にない新たな価値を自ら創出し、急速な規模拡大を志向し、愛知からグローバルを舞台に市場を求めるスタートアップの方に向けたプログラムです。事業立ち上げ時に必要とされる専門的な支援に加え、成長ステージを着実に前へ進めるためのメンタリングとネットワーキングを必要とし、さらに特にビジネスパートナーとなり得る企業との連携・協業により成長を加速させることを目指すスタートアップを対象としています。

  • 対象

    創業5年未満の企業ないしは支援対象となる事業開始5年未満のスタートアップで、①又は②を満たしていること。さらにIoT、AI等の革新的な技術を活用した新たなビジネスモデルの創出や、技術革新を目指した事業の実施を予定していること。

    • 愛知県内に本社又は拠点を有する企業
    • 愛知県内企業との連携を検討する又は愛知県の地域課題解決につながるビジネスを検討するスタートアップ企業(年間売上概ね10億円以下)

    (※) 過去に愛知県が開催したアクセラレータープログラム(あいちアクセラレーター2018)に採択されたことのある方は、同じビジネスプランではご応募いただけません。

  • 定員
    10社以内
  • 参加費
    無料
  • 応募方法

    「参加資格」を確認の上、申込書を当サイトより受付期間内にアップロードしてください。
    ※なお、2. イ~エの書類については、書類審査を通過した方のみ提出をお願いします。提出方法は面談審査時にお持ちいただくか、事務局宛に郵送いただくことになります。

    • 1.応募書類の配布及び申込書の受付
      • 申込書の受付期間

        2019/7/26(Fri)〜10/11(Fri)17:00まで

      • 応募書類の配布方法

        本サイトよりダウンロード願います

        申込書 (Word) ダウンロード
        ※万一ダウンロードに支障がある方は、運営事務局メールアドレスまでお知らせください。返信メールにてフォーマットをお送りいたします。

      • 申込書の提出方法

        本サイト「エントリー」よりアップロードまたは、info@aichi-oi-accelerator.com までメールにて送付
        ※受付期間の終了まで再提出が可能です。

    • 2.応募書類
      • 申込書(1部:上記1. よりダウンロード)
    • 3.応募書類の返却
      • 応募書類は理由の如何を問わず、返却を行いません。
    • 4.応募書類の不備
      • 応募書類に不備があった場合には、審査の対象とならないことがあります。
    • 5.その他
      • 応募書類に虚偽の記載をした方は本プログラムへの参加資格を失うものとします。
      • 応募にあたってご提供いただく個人情報を含む提出書類の内容は、愛知県、運営受託事業者である株式会社アドライト、各審査員に共有します。また、オープンイノベーションパートナー、メンター等(以下「関係者」という。)に採択後の支援や協業・連携に際し、必要な範囲で共有・利用されます。
      • 提出いただいた皆様の個人情報は、法令に定めのある場合やご本人が同意している場合を除き、目的外利用することや関係者を除く第三者に提供することはありません。
  • 募集期間
    7/26(Fri)〜10/11(Fri)17:00まで
  • 応募後の流れ
    • 1.申込書の提出(本サイトにアップロード)
    • 2.書類審査結果通知   
      10/18(Fri)
    • 3.面談審査       
      10/21(Thu)〜10/31(Thu) (調整中)
    • 4.面談審査結果通知   
      11/1(Fri)頃
    • 5.オリエンテーション  
      11/5(Tue)〜11/8(Fri) (調整中)
    • 6.プログラム開始    
      11月中旬~3月上旬
  • 審査方法
    • 1.書類審査

      全応募者につき、複数の書類審査員により審査し、新規性、市場性、成長性、創業者・チームの強さ、協業戦略の有無、ビジョンの高さといった観点から、面談審査へ進む者を決定し、その結果を応募者あてにメールで通知します。

    • 2.面談審査

      1.の書類審査を通過した応募者を複数の面談審査員による審査により、新規性、市場性、成長性、創業者・チームの強さ、協業戦略の有無、ビジョンの高さ、プレゼンテーション力といった観点から、本プログラムに採択する方最大10者を決定し、その結果を応募者あてにメールで通知します。
      なお、面談審査は愛知で行いますが、オンラインで行うことも可能です。日程や手法については、書類審査を通過された応募者と個別に調整させていただきます。
      ※「応募方法」にあるとおり、面談審査時に提出いただく書類があります。オンラインの方は郵送等で提出をお願いします。

  • 留意事項
    • 1.本プログラムに採択された後に下記に該当する事実が判明した場合等には、参加決定を取消したり、途中で辞退していただく場合があります。
      • 「参加資格」の要件に該当しない場合(プログラム期間中に該当しなくなった場合は、その時点で支援終了となります)
      • その他本プログラムの参加に不適切であると愛知県及び運営受託者が判断した場合
    • 2.審査経過・審査結果・採択理由等に関する問い合わせには、応じられません。
    • 3.事業計画等の知的所有権については、応募者に帰属します。ただし、特許・実用新案、企業秘密やノウハウなどの情報の法的保護については、応募者の責任において対策を講じた上で、一般に公表しても差し支えない範囲で応募ください。
    • 4.本プログラムへの応募・審査・採択にあたり、愛知県、運営受託事業者である株式会社アドライト及び関係者が応募者の事業計画等について、一切の保証を行うものではありません。
    • 5.本プログラム参加者の姿や実施中の様子、実施風景等を撮影し、ウェブサイト・SNS等で広くPRしますので、予めご了承ください。

オープンイノベーション
パートナーの方

受講にあたって

オープンイノベーションパートナーとは、スタートアップと本気で向き合い、互いに成長を目指す企業のことを指しています。本アクセラレータープログラムでは多くのオープンイノベーションパートナーを募集しています。
本プログラムへの参画を通して、オープンイノベーションパートナーは、新たな事業のタネを創出する可能性を手に入れるだけでなく、スタートアップの組織文化を自社社員へ注入したり、先進的企業としてのブランドイメージを創出することができます。

参加のメリット

  • 新たな事業のタネの創出

    優れた技術やビジネスモデルを有したスタートアップを発掘し、連携・協業の可能性を探ることを通して、新たな事業のタネが創出される可能性を手に入れることができます。

  • スタートアップ文化の注入

    スタートアップと自社社員がプログラムの中で密に連携することを通して、スタートアップのスピード感や組織文化を社員へと注入し、自社の組織能力を再活性化することができます。

  • 先進的企業としてのブランディング

    先進的な事業に取り組むスタートアップと連携する様子を対外的にアピールすることにより、先進的企業としてのブランドイメージを創出することができます。

募集要項

本プログラムにおけるオープンイノベーションパートナーとは、スタートアップとの連携・協業を強く希望する既存企業を指しています。スタートアップの多くが事業構築の段階にあると想定されますが、スタートアップと一緒に新事業を作り上げるという観点から、ご参加をお願いいたします。
以下の確認事項すべてに該当する企業が対象になります。
また応募多数となった場合は、募集期間内であっても募集を締切る場合があります。

  • 対象
    本プログラムにおけるオープンイノベーションパートナーとは、スタートアップとの連携・協業を強く希望する既存企業を指しています。スタートアップの多くが事業構築の段階にあると想定されますが、スタートアップと一緒に新事業を作り上げるという観点から、ご参加をお願いいたします。
    以下の確認事項すべてに該当する企業が対象になります。
    また応募多数となった場合は、募集期間内であっても募集を締切る場合があります。
  • 確認事項
    • 1.スタートアップの成長ステージを前に進めるための連携・協業を希望し、自社の経営資源の開放、実証実験フィールドの提供、メンターとしての参加等に積極的に取り組む既存企業であること
    • 2.スタートアップとともに解決したい課題・ニーズを持っていること
    • 3.ワークショップと並行して実施するスタートアップとの個別マッチングに協力可能であること
    • 4.Aichi Open innovation Accerelatorのウェブサイトにロゴを掲載すること
    • 5.Aichi Open innovation Accerelatorのアクセラレータープログラムのウェブサイトに企業のリソース、企業の課題・ニーズなどを公開(公開可能な範囲)すること
  • 定員
    10社程度
  • 参加費
    無料
  • 申込方法
    • 1.応募書類の配布及び受付
      • 応募書類の受付期間

        2019/7/26(Fri)〜11/1(Fri)17:00まで

      • 応募書類の配布方法

        本サイトよりダウンロード願います

        申込書 (Word) ダウンロード

        ※万一ダウンロードに支障がある方は、運営事務局メールアドレスまでお知らせください。返信メールにてフォーマットをお送りいたします。

      • 応募書類の提出方法

        本サイト「エントリー」よりアップロードまたは、info@aichi-oi-accelerator.com までメールにて送付
        ※受付期間の終了まで再提出が可能です。

    • 2.応募書類

      ア 申込書(1部:上記1. よりダウンロード)

    • 3.応募書類の返却

      応募書類は理由の如何を問わず、返却を行いません。

    • 4.応募書類の不備

      応募書類に不備があった場合には、参加の対象とならないことがあります。

    • 5.その他
      • 応募書類に虚偽の記載をした場合は本プログラムへの参加資格を失うものとします。
      • 応募にあたってご提供いただく個人情報を含む提出書類の内容は、愛知県、運営受託事業者である株式会社アドライトに共有します。また、支援や協業・連携に際し、スタートアップ、メンター等(以下「関係者」という。)に必要な範囲で共有・利用されます。
      • 提出いただいた個人情報は、法令に定めのある場合やご本人が同意している場合を除き、目的外利用することや関係者を除く第三者に提供することはありません。
  • 申込期間
    7/26(Fri)〜11/1(Fri)
  • 申込後の
    流れ
    • 1.お申込
    • 2.参加可否のご連絡(申込後2週間程度)及びプログラムスケジュールのご案内(11月上旬頃)
    • 3.プログラム開始:11月中旬〜3月上旬
  • 留意事項
    • 1.以下の場合には、参加対象外とさせていただきますことを予めご了承願います。
      • (1)応募企業が、法令等もしくは公序良俗に違反し、又はそのおそれのある場合
      • (2)応募内容に不備がある場合、または応募企業が、応募に際して虚偽の情報を記載し、その他愛知県及び運営受託者に対して虚偽の申告を行った場合
      • (3)本プログラムに参加するスタートアップ・オープンイノベーションパートナー・事業サポーターをはじめとする関係者に向けて、自社製品・サービス等の販売等、もっぱら営業行為を目的としている場合
      • (4)連携・協業により解決しえない課題・ニーズの提示や、共有すべき経営資源の不足・事業規模の不足など、スタートアップとの連携・協業可能性が見込めないと愛知県及び運営受託者が判断した場合
      • (5)その他本プログラムの参加に不適切であると愛知県及び運営受託者が判断した場合
    • 2.参加決定後及び本プログラムの開始後に1に該当する事実が判明した場合等には、参加決定を取り消したり、途中で辞退していただく場合がありますのでご留意ください。
    • 3.本プログラムにおけるスタートアップとの連携・協業等に関して、愛知県及び運営受託者が一切の保証を行うものではありません。
    • 4.スタートアップへ開放する応募企業固有のリソースの内容、知的所有権については、応募企業に帰属します。ただし、特許・実用新案、企業秘密やノウハウなどの情報の法的保護については、応募企業の責任において対策を講じた上で、一般に公表しても差し支えない範囲で応募・プログラム中の発表・共有等をしてください。
    • 5.ご提出いただいた企業情報は、法令に定めのある場合や当該企業が同意している場合を除き、目的外利用することや第三者に提供することはありません。
    • 6.ワークショップ中の風景や参加者の発表の様子等写真撮影し、SNS等で広くPRします。予めご了承願います。

FAQ よくある質問

  • スタートアップ
  • オープン
    イノベーションパートナー
  • Qメンタリングはどのくらいの頻度で行うのですか?

    A1カ月に1回以上の目安で、対面あるいはオンラインにて定期ミーティングを実施し、メンターが進捗確認やアドバイスを行います。(頻度は各スタートアップに合わせて調整します)

  • Qメンタリングの実施場所は名古屋ですか。

    A対面メンタリングは名古屋にて実施予定です。

  • Q本プログラムに採択されたスタートアップは公開されますか?

    A社名、ロゴ、事業概要はサイト上に公開されますので、ご了承ください。

  • Q個別マッチングはどのように行うのですか?

     A応募時やミートアップ等にてご提出いただいた情報をもとに、スタートアップとオープンイノベーションパートナーの個別のお打合せを調整します。双方の課題・ニーズを共有した上で、具体的な連携・協業の可能性についてご検討いただきます。

  • Qオープンイノベーションパートナーは愛知県内に拠点を持っている必要がありますか?

     A愛知県内に拠点を持っている必要はありませんが、愛知県内にて実施するミートアップ等にご参加いただけることが要件となるほか、愛知県で実施する採択スタートアップとの個別マッチングなどに、距離的・時間的な問題が生じないようご配慮をお願いいたします。

CONTACT お問い合わせ

主催 愛知県 お問い合わせ
運営・事務局 株式会社アドライト
TEL 03-6823-1270(平日10時-19時)
E-mail info@aichi-oi-accelerator.com