• HOME
  • NEWS
  • 8/5「テクノロジー・スタートアップ共創最前線」開催報告

8/5「テクノロジー・スタートアップ共創最前線」開催報告

2019/9/4

去る8/5(月)、WeWorkグローバルゲート(愛知県名古屋市)にて、Aichi Open innovation Acceleratorローンチイベント「テクノロジー・スタートアップ共創最前線」を開催しました。

森岡仙太副知事

事業会社やVC、スタートアップを中心とした約70名ものオーディエンスが見守るなか、森岡副知事による挨拶を経て、会が華々しくスタート。

株式会社アドライト 代表取締役 木村忠昭氏

Aichi Open innovation Acceleratorの企画・運営を愛知県より委託されている株式会社アドライト 代表取締役・木村忠昭氏がプログラムの概要・募集要項を紹介。

本プログラムは、IoTやAI等の革新的技術を有するスタートアップを愛知県内外から募集します。採択された場合、著名起業家等のメンターによる短期集中支援のほか、有力企業・機関等とのネットワーキングやマッチング、資金獲得の機会と場が提供されます(約5か月間)。

スタートアップとの連携・協業を強く希望するオープンイノベーションパートナーも同時募集することから、「新たな事業のタネを創出する可能性やスタートアップの組織文化を自社社員への取り入れ、さらには先進的企業としてのブランドイメージも創出できる」と強調。

旧那古野小学校(名古屋市西区)をリノベーションし、新たな産業・スタートアップを育成する「なごのキャンパス(今秋オープン予定)」をプログラムのメイン会場として活用するなどの発表がなされました。

TomyK代表/ACCESS共同創業者 鎌田富久氏

基調講演では、「テクノロジー・スタートアップが未来を創る」と題し、TomyK代表/ACCESS共同創業者・鎌田富久氏が登壇。日本を取り巻く市場の変化に触れたのち、オープンイノベーションによるテクノロジーの加速として、AIやロボティクス、宇宙ビジネスや医療分野、MaaSでの取り組みを紹介。「未来を創るイノベーターになろう」とエールを贈りました。

東海エイチアール株式会社 代表取締役/名古屋スタートアップ株式会社 代表取締役 若目田大貴氏

東海エイチアール株式会社 代表取締役/名古屋スタートアップ株式会社 代表取締役・ 若目田大貴氏は、名古屋圏のスタートアップ事情を披露。昔でこそ名古屋はスタートアップ不毛の地と揶揄されていたものの、現在ファッション、EC系中心に200社以上あり、資金調達額は国内2位となる79億円/年、ワーカーも5,000人以上にのぼると言います。

パネルディスカッションのもよう

名古屋圏の概況があったところで、パネルディスカッションがスタート。事業会社とテクノロジー・スタートアップのオープンイノベーションへの可能性や出資の条件、愛知県で起業することへのポテンシャル等をテーマに展開されると、オーディエンスからも積極的に質問が飛び交い、盛況のうちに終了しました。

Aichi Open innovation Acceleratorエントリーお待ちしています!

Aichi Open innovation Acceleratorに参画いただく企業の皆様を募集しております。
スタートアップは10/11(金)、オープンイノベーションパートナーの締切は11/1(金)です。

Aichi Open innovation Accelerator詳細、エントリー

お問い合わせ・資料請求

CONTACT お問い合わせ

主催 愛知県 お問い合わせ
運営・事務局 株式会社アドライト
TEL 03-6823-1270(平日10時-19時)
E-mail info@aichi-oi-accelerator.com